「VUCA World」?

皆さんは「VUCA(ブーカ)」って言葉はご存じでしょうか?
「VUCA」とは、Volatility(変動性)、Uncertainty(不.確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭. 文字を取った略語だそうです。
元々はアメリカの軍事用語だったそうですが、2010年代になって世界のビジネス界で予測不可能なこれからの時代を表す言葉として使われるようになりました。
要は「変化が激しいので、先がどうなるか予測が出来ない」ってことですね。
確かに、こんなにスマホが短期間で普及している世の中なんて想像できなかったですもんね(^^;)。
blog_20201118_4.jpg
このVUCAワールドを勝ち抜くために…なんて書籍も山のようにあります。
自分は読んだことはありませんが(苦笑)。
先日聴講した講演でこのVUCAに関する話題があり非常に参考になったので、備忘録代わりに書いておきたいと思います。

先行きが不透明な時代になると、失敗をする可能性が高いと感じ人々は不安を抱きます。
「こうすれば成功する」って王道がないってことですからね。
当たり前の感覚と思います。

そうなると人は、失敗や不安を回避する行動をとるそうです。
ルールを作ってそれに乗っ取って行動し、失敗した責任を回避しようとする心理です。
要は「ルールに従ってたんだから仕方がないだろう」って自分に対する言い訳ですな。
そうなると新しいことにチャレンジしなくなる心理が働きます。
「新しいこと=異なること」と解釈すると、異質な事や人を排除する行動に向かっていくそうです。
世の中で盛んに言われているダイバーシティ(多様性)のとは真逆の心理ですね。
そう言われれば、世の中で最近ニュースになっている差別思想や排他思想の激化はこういうところも関係しているかもしれないと思いました。

これに対処するには、VUCAワールドに対応した意識改革が必要だそうです。
恐れずに慣れろって感じでしょうか?
先が読めないのが当たり前だと思えば、やりようはあるもんです。
組織(集団)を例にして考えれば、、、
組織(集団)に属してナンボの思考から、どこの組織(集団)に属しても個人の価値を発揮できるようになればよいし、
組織(集団)もそういった個人の価値(ある意味の個性)を尊重したマネジメント(付き合い方)をするようになればよいのです。

口で言うのは簡単ですが、これはムズカシイ。
話を聞いていて「withコロナ」の生活様式の話に似ていると思いました。
実際、適用できる人と適用できない人が居ますもんね(^^;)。

ま、今のコロナ騒動は「VUCA」そのものですから…。
この経験の中で、VUCAワールドへの対処スキルが身につくかもしれません。
前向きに己を磨くチャンスと捉えて、この困難を乗り切っていければと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

otoya

Author:otoya

最新記事
年別アーカイブ一覧
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR