ちょっとイメージ違いました。

先日『一刻館』のスタジオ練習がありました。
そこで、先に購入したミュートプレイ用の機材「Fump Bridge-Side Dampener」を使って、ちょっとだけスタジオで音を出してみました。
blog_20200624.jpg
( ,,`・ω・´)ンンン?
なんかイメージと違う。
確かにしっかりミュートされるんですが、音が乾いている気がします。
スポンジや布でミュートした時のような柔らかみが無いんですよね。
ミュートが効きすぎるのかな?
ボン♪って感じじゃなくてボス♪って感じです。
楽器や音作りの問題もあるのでしょうが、まずはそんな印象でした。
音量もグッと下がりますしね。
ステージで使うには、エフェクトでそれ用の音作りをする必要性を感じました。

ま、単純にはいきませんよね(^^;)。
お手軽な機材ですが、その反面に工夫も必要ということかもしれません。
でも、せっかく買ったので使ってみたいですよね。
ちょっと試行錯誤してみたいと思います。


スポンサーサイト



プロフィール

otoya

Author:otoya

最新記事
年別アーカイブ一覧
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR