「Fump Bridge-Side Dampener」を購入!

オレのやっているバンドはカバーバンドなのですが、原曲が「ウッドベース」で演奏しているケースがあります。
カバーなので気にせずエレキベースで弾いていますが、結構雰囲気が変わります。
それはそれで良いのですが「ウッドベースっぽい音で弾いたらどうなるのか?」と思いました。
「パームミュート」って手のひらでミュートしながら弾くことも可能ですが、それが出来る曲は限られていますからね。

そこで試しに買ってみました。
●Fump Bridge-Side Dampener
blog_20200619_1.jpg
【商品説明】
Fump Bridge-Side Dampenerは、4/5弦ベース用のブリッジミュート。
手のひらで行うミュート(パームミュート)を簡略することができ、オールドスクール・ライクな甘いスタッカートサウンドを手軽に得ることができます。
また、手のひらのミュートから開放されることによって、演奏の自由度が上がり、演奏の可能性を引き出します。

こんな感じ↓でベースのブリッジ付近に挟むだけのお手軽商品です。
blog_20200619_2.jpg
家で弾いてみましたが、しっかりとミュートされます。
ラインで聴く分にはまぁイイ感じです。
あとは、アンプ通して大音量で弾いてみてどうか?ですね。
気になるのは「音量」差ですが、次回のスタジオ練習で試してみたいと思います。

イイ感じだったらステージでも使ってみようかと思っています。
また結果はご報告しますのでお楽しみに!(^_-)-☆。
スポンサーサイト



プロフィール

otoya

Author:otoya

最新記事
年別アーカイブ一覧
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR