過去音源リマスタリング【その4】(shi-ta)

過去音源のリマスタリングのパート4です。



●shi-ta

今回は9代目ユニット「shi-ta」です。

オレがBluesHarpを吹き始めたのはこのユニットがきっかけです。

E.Guitarをサポート加入させたりと試行錯誤しましたね。

Vocal:SACHiはオレを一番優しく面倒見てくれた相方でした。



ハニィ☆

実はこの曲は先代ユニット「hie's」でボツになった曲なんですよ(^_^;)。

後期hie'sはしっとりしたサウンド中心でしたからね。。

そこでSACHiに「唄ってくれるかな?」って頼んだら「喜んで唄いますよ!」と(/_;)。

曲はオレの分身みたいなもんですからね。

この曲に手を差し伸べてくれたSACHiに感謝です。

ちなみにこの曲はhitomiの「LOVE2000」を聴いていてこの曲カッコイイなぁって思って真似て作ったんです(笑)。

コード進行は随分参考にさせていただきました(爆)。



君とコーヒーと僕

実はこの曲も先代ユニット「hie's」向けに作った曲なんですよ。

そしたらhie'sが急遽解散になって…(^_^;)。

でもSACHiにこの曲を唄ってもらって良かったと思っています。

なぜならSACHiの唄にとてもあっている曲だったからです。

モータウンっぽいサウンドを取り入れた楽曲ですが、SACHiは巻いて下るメロディラインを唄うのがすごく巧いんですよね。

SACHiの良さをうまく引き出せなかったと反省しているオレですがこの曲を提供できてよかったと思っています。





今までオレが作った曲の中で一番想いを込めて作った曲です。

別れと愛情と新しい命。

この曲を作った頃にオレ自身随分変化したと思います。

「灯」というタイトルは新しい命にオレが付けた名前みたいなもんです。

子は親の生きて行く道の先を指し示す「灯」ですからね。

そんな想いで生み出した曲ですが、SACHiがその気持ちを汲んだ素敵な歌詞を付けてくれたと思っています。

ちなみにこの頃懐かしのバンド「ゴダイゴ」にハマってまして…(笑)。

影響を強く受けた気がします。

西遊記Ⅱのエンディングテーマにも使用された「Holy and Bright」を聴くとなんとなくわかるかもです(^_^;)。





Vo:SACHiは詞を付けるのが得意でとても早かったです。

そしてそれが素直で分かりやすい詞なんですよね。

今後も機会があれば作詞をお願いすることもあるかもしれません。

これからも頼りにしたい元相方です(^_-)-☆。





と言う事でリマスタリングシリーズでの懐かし話でした。

ホント思い返すとあっと言う間に時は過ぎていきますね(^_^;)。

次はMaRizzのオリジナル曲シリーズで4年半を振り返ってみたいと思っています。

お楽しみに!

続きを読む

スポンサーサイト



過去音源リマスタリング【その3】(hie's)

過去音源のリマスタリングのパート3です。



●hie's

今回は7代目ユニット「hie's」です。

群馬では有名なCOOLFOOLの鬼のマスターが唯一認めてくれたユニットです。

当初は打ち込みで活動していましたが、ほとんどはアコースティックでの活動でした。

MaRizzの次に長く活動したユニットで、スタイル的にもMaRizzの目標でもありましたね。



愛のキセキ

これは別々に作ってた2つの曲を合体させた曲なんです。

そしたらサビの音程がAメロ・Bメロより下がっちゃうようになっちゃって…(^_^;)。

対策としてこういう唄モノでは初の転調をとりいれました。

一つ曲作りの勉強になった曲です(笑)。

歌詞のインパクトある言葉が楽曲とマッチしてhie'sの代表作になりました。



夏のいたずら

アマチュアBANDのライブを観に行って「こんなコード進行かっこいいな!」って思いまして。。。

イントロ、Aメロのコード進行のイメージをパクッて曲を作りました(笑)。

ちょっとバンドっぽくて、ミュージシャン受けした曲だった記憶があります。

Vocal:hiyの声と唄い方がとても印象的に感じる曲だと思います。



pulse

詞に出てくる「あのドア」ってドラえもんの「どこでもドア」なんですよ(笑)。

オレらしい曲にVocal:hiyならではの詞。

hie'sはたくさん曲をやったのですが、打ち込みサウンドに唄入れするのに抵抗を覚えたVocal:hiyの意向で(^_^;)、

hie's最後のレコーディング曲になりました。





「hie's」はオレのアコースティックスタイルの基本を作ってくれったユニットです。

吉川ひなの似のキュートでマイペースなVocal:hiyに天才肌ミュージシャン「きぃこ☆クッキー」をChorus&Fluteサポートに加えた贅沢なユニットでした。

二人の声のハーモニーの相性が素晴らしくて、、、『声の相性』をとても意識するようになったきっかけのユニットでもあります。

当時Cho:きぃちゃんは別のユニットをやっていて、ユニット同士仲が良くて、Vocal:hiyともとても仲が良かったんです。

あるイベントでhiyの都合が付かない時があって、代わりにきぃちゃんに唄を唄ってもらいました。

その練習の際にそのままノリでたまたまあったhie'sライブにゲストコーラス参加してもらいそのまま引きづりこんだんですよ(笑)。

実はこれはMaRizzに彩さんが加入した時に似てます(^_^;)。

彩さんも別ユニットやってて、、そのユニットが解散してオレがしばらくサポートしてて、、mariと仲良くて声の相性が良いのを発見してそのまま引きづりこんだんですから(笑)。



…と言ってもイメージが伝わらないと思いますので以前にもご紹介したライブ映像もあわせてご紹介します。



pulse(アコースティックバージョン)



先に紹介した打ち込みサウンドと同じ楽曲です。

随分雰囲気変わりますよね?

打ち込み音源と聴き比べると「アコースティックならではの良さ」を実感できると思います。

今聴いても自画自賛で素晴らしいと思います。

またいつか皆で演奏したいと思うメンバーです(^^♪





それではシリーズ第四弾もお楽しみに!

続きを読む

過去音源リマスタリング【その2】(PowerVox)

過去音源のリマスタリングのパート2です。



●PowerVox

今回は6代目ユニット「PowerVox」です。

10代の中で唯一オレのヨメさんと間違われた相方:Tomoとのユニットです。

でも決してオバサンな訳ではなく(^_^;)、若々しくとっても美人な女性ですので誤解無きよう。。。

年齢が近かったのもありますが、立場がほぼ対等だったんですよね。

歴代Vocalは初心者やステージ経験が少なかった方がほとんどなのですが、Tomoは経験・実力ともオレ以上(^_^;)。

超大手からのメジャーデビュー直前までいったくらいですからね。

いつもは大人ぶってるオレですが、Tomoとだけはマジ喧嘩を何度もしました。

そんな間柄が夫婦のように見えたんですかね?(笑)

歴代Vocalをムスメ達と呼ぶオレですが、Tomoは元ヨメだと思ってます(爆)。



元気を出して

Power

Tomoをイメージして初めて作った曲なんですが、実はこの2曲は双子曲です。

一つのイメージが二つに分かれて2曲同時に出来ちゃいました。

こういうケースは大抵は片方しか残らないのですが両方とも良かったのでリリースしました。

後にも先にも唯一の経験です。

この2曲は何か別な曲からイメージした訳ではなくTomoのイメージから自然に生まれてきたんです。

ちなみに「元気を出して」の歌詞はオレも大好きで実はオレのソロステージでも唄ったことがあります(笑)。

また「Power」はオレが滅多に作らないマイナーキー曲です。



Start

当時は打ち込みサウンドライブ中心でしたのでステージのスタートに勢いのある曲を作りたかったんです。

打ち込みサウンドですが2人ともBANDマンなので完全にBANDイメージの楽曲です。

曲の始まりで

『1、2、3、JUMP!』

って感じで2人してジャンプしてましたな(笑)。





歴代ユニットの中で完全BAND志向のユニットでした。

当時の合言葉は「生バンドに負けないステージをやろうぜ!」でした。

2人ぼっちですが生バンド以上にステージを精一杯活用しようってことで、

ステージングのフォーメーション(それぞれの立ち位置)をどうするか?

なんて打ち合わせしてたのはこの時だけでしたね(^_^;)。

ぐいぐいVocalに引っ張られるステージだったことを覚えています。



…と言ってもイメージ湧かないかもなのでYOUTUBEにライブ映像をアップしました。

雨上がりの野外ステージの逆光でシルエットしか見えませんがイメージが伝われば幸いです。



Power(日比谷野外小音楽堂ライブ)



自由気ままに動き回るtomoにあわせてぶつからないように立ち位置を調整するオレが完全に尻に敷かれてる感たっぷりですが、、

ステージでは人が変わったように堂々とするTomoですが普段は控えめで案外大人しいんですよ(^_-)-☆。

実は1年足らずで喧嘩別れして解散したんですが、その後仲直りして何度かステージをやっています。

緊急事態での代打で唄ってもらったり今でも色々助けてもらっており深く感謝しています。

またそのうち2人でステージやりたいですね(^^♪





それではシリーズ第三弾もお楽しみに!

続きを読む

過去音源リマスタリング【その1】(Right-HandMan/sara)

ユニット活動を2000年から開始した訳ですが、

ある時からアマチュア音楽配信サイトに音源を登録をするようになりました。

「muzie」ってサイトなんですが当時は結構もてはやされてましたが今は完全下火ですね(笑)。

それでも機能強化は進めているようで、今はスマホとかでも簡単に再生できるようになってます。

音源をおいてリンクを貼るのが便利なので今でも使っています。



過去音源のマスタリングレベルがあまりに酷かったので(^_^;)、いくつか音源のマスタリングを修正して再掲載しました。

と言う事でせっかくなので当時の暴露ネタも含めてblogでも紹介しようかなと。。。



●Right-HandMan/sara

3代目Vocal:saraとのユニットで長野市で活動していました。

実質3ヶ月しか活動しなかったユニットですが、mariに初めて会った時saraを思い出しました。

同じ19歳でしたし、ルックス的にもとても可愛らしくて、、、声も同様に魅力的だったですしね。

気が付けばもう10年以上前の音源になります(^_^;)。



SmileKissMe

作詞・作曲ともオレです(^_^;)。

この曲、実はあるアーティストの曲が好きだとVocal:saraに言われて似せて作ったんです(笑)。

言われればなるほどのサウンドかもですが「JungleSmile/片思い」です。

サウンドの雰囲気似てますよね?



ママの子守唄

作詞・作曲ともオレです(^_^;)。

この曲はVocal:saraから実家のお母さんとの電話のやり取りの話を聞いて曲を作りました。

子供と親…そのイメージは当時やっていたTV番組「あっぱれさんま大先生」を思い出したんです。

その中で使われていた曲「記念樹」から連想しちゃったんでしょうね、、、とても似ています(笑)。

この「記念樹」は盗作問題で話題になった楽曲ですが、、、これは許してもらえるかしら?(^_^;)。



trust

作曲はオレですが作詞は2代目Vocal:ikkoです。

この曲は当時録音予定ではなかったのですがVocal:saraが好きで是非録音したいということで録音しました。

元々ツインボーカルイメージで作った曲なんです。

7代目ユニットhie'sでツインボーカルバージョンでリメイクしました。

ちなみにこの曲は当時流行ってた「DragonAsh/GratefulDays」がとても新鮮に感じたんで似せて作ったんです(笑)。

サウンド的にとても新鮮だったのでそんな意味で取り入れたつもりですがすいません。





パクリ?と言えばそんな面もあるかと思いますが、

時代を取り入れて自分を進化させるためにはそんな面も必要だと思っています。

アマチュアですから肩ひじ張らず自分がよいと思える曲を作り続けることが大切なんだと思うんです。



と言う事で今だから言えるネタ(^_^;)も含めて、シリーズ第二弾もお楽しみに!

続きを読む

プロフィール

otoya

Author:otoya

最新記事
年別アーカイブ一覧
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR