『AiKo』様のサポート演奏してきました。

先の土曜日は『AiKo』のお手伝いでギターを弾かせていただきました。
場所は水戸駅南口にある「ホテル テラス ザ ガーデン水戸」です。
blog_20200627_1.jpg

ホテルの中央に中庭があってそこでビアガーデンをやっているんですよね。
そこでの余興です。
中庭といっても中央に階段があってそれなりの広さです。
blog_20200627_2.jpg

この階段の中央で『AiKo』様弾き語り(笑)。
音響はオレが持参した「AC-33」ストリートアンプのみ。
周りの壁の反響があって十分でしたね。
blog_20200627_3.jpg

ステージは『AiKo』様弾き語りで3曲とオレがサポートして2曲で計5曲のステージでした。
お客様にも盛り上がっていただき良い感じのステージになりました。
お客様、テラス ザ ガーデンスタッフの皆様、ありがとうございましたm(__)m。
blog_20200627_4.jpg

こちらでは夏期(6/14-9/29※火~土曜日の営業)はビアガーデンを開催しているそうです。
4000円、5000円、5670円の呑み放題セットがあります。
オレも今度純粋に呑みに行ってみようかしら?
予約不要とのことですので、ご興味ある方は是非足を運ばれてみてください(^_-)-☆。

「The Drunken Duck」で食す。

まだまだ続くランチウォーキング。
再び水戸市役所周辺探索に行ってまいりました。

今回立ち寄ったのは「The Drunken Duck」。
洋風居酒屋です。
blog_20200625_4.jpg

外国人のマスターが営業されているパブってイメージでしたが、ランチも営業されていました。
店内は思ったより広くて、なるほど洋風居酒屋って感じでした。
ランチメニューはこんな感じ。
blog_20200625_3.jpg

オレは「からあげ&アボガドドン」をオーダーしました。
最初はサラダです。
blog_20200625_2.jpg

続いてメインメニュー。
「ドン」ですね(笑)。
blog_20200625_1.jpg
お味は「欧米か!」って感じのテイストでしたね。
お客さんも外国人が多いらしいので、なるほどです。
なんだか海外に行ったような感覚で美味しかったです( *´艸`)。

夜は夜で楽しそうですね。
今度は呑みに来てみようかと思います。
ご興味ある方は昼夜問わず是非行かれてみてください(^_-)-☆。


ちょっとイメージ違いました。

先日『一刻館』のスタジオ練習がありました。
そこで、先に購入したミュートプレイ用の機材「Fump Bridge-Side Dampener」を使って、ちょっとだけスタジオで音を出してみました。
blog_20200624.jpg
( ,,`・ω・´)ンンン?
なんかイメージと違う。
確かにしっかりミュートされるんですが、音が乾いている気がします。
スポンジや布でミュートした時のような柔らかみが無いんですよね。
ミュートが効きすぎるのかな?
ボン♪って感じじゃなくてボス♪って感じです。
楽器や音作りの問題もあるのでしょうが、まずはそんな印象でした。
音量もグッと下がりますしね。
ステージで使うには、エフェクトでそれ用の音作りをする必要性を感じました。

ま、単純にはいきませんよね(^^;)。
お手軽な機材ですが、その反面に工夫も必要ということかもしれません。
でも、せっかく買ったので使ってみたいですよね。
ちょっと試行錯誤してみたいと思います。


マスク警察

コロナ騒動で「自粛警察」という言葉が出てきました。
wikiには以下で記載されていました。
「自粛警察とは、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言に伴う行政による外出や営業などの自粛要請に応じない個人や商店などに対して、
偏った正義感や嫉妬心、不安感などから私的に取り締まりや攻撃を行う一般市民やその行為・風潮を指す俗語・インターネットスラングである。」

そして、最近「マスク警察」が登場しているそうです。
もちろん「マスクをしている警察官」ではありません(笑)。
blog_20200624_2.jpg
マスクをしていない人にいきなり「マスクしろ!(゚Д゚)ノ」と怒鳴りつけたり、、などと横暴なクレームをつける方です。
どんな理由があるにせよ、いきなり怒鳴りつけるとかちょっと違いますよね。。。
泥酔のオレだったらキレちゃうよ(^^;)。

どちらの警察様も、「自分は正義のために戦っているんだ」的な英雄意識を持つためにやっていたり、
「自分が我慢しているのに許せない」的な嫉妬意識で行っているのが大半だと思います。
もちろん、そうでない方もいるでしょうが、そういった方はもっと良心的なやり方をされますもんね(^^;)。
警察様扱いされる方々の心理を突き詰めれば、自己正当化したストレス発散に行きつくと思います。

いずれにせよ、あまり過敏になりすぎないことが大切です。
しっかりと状況を分析すれば、やるべきことの優先順位が見えてきます。
優先度が低いことに気を取られて、優先度が高いことを疎かにしては全く意味がないですからね。
他人の振る舞いに口を出す人ほど、己の振る舞いはなっていないものです。
人の振り見て我が振り直せ。
こういう時だからこそ、謙虚に生きるべきと思います。

「COCOA」インストールしてみた。

新型コロナウイルス接触確認アプリ(通称:COCOA)をインストールしてみました。
まだごく一部の方にした使われていないそうですが、皆さんはインストールしましたか?
blog_20200623.png
「なんか面倒くさそう」「個人情報が流出しそう」など気にされている方も多いと思います。
事実、自分もそうでした。
でも、実際はそんなことはありませんでした。

まずアプリ検索ですが、「COCOA」ではヒットしません(^^;)。
「接触確認アプリ」ですぐヒットします。

普通にダウンロードして、OKしていくだけ。
名前すら入力する必要ありません。
(※つまり、個人情報は登録しません)

「GPSで追跡されるのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、これが使っている通信は「Bluetooth」です。
ワイヤレスイヤホンとかで使っている通信方式ですね。
(※従って、Bluetoothオンにしていないと役に立ちません)
これは位置情報を記録するのではなく、同じアプリを持っている人が近くにいることを認識・記録するだけです。
つまり、どこにいたのか?という位置情報が分かるわけではありません。
また、ランダムな識別子を端末間で共有することで記録される仕組みなので、電話番号等の個人情報が共有されるわけではありません。
1m以内で15分以上近くにいると記録される仕組みのようです。

接触情報だけを記録して、コロナ感染した感染者がアプリに情報入力すると、そのアプリが接触記録を持っている端末に通知が行くそうです。
この情報入力の際には、陽性反応者のみに発行される「処理番号」の入力が必要なので、デマ入力は出来ない仕組みになっているそうです。
ま、今はこの処理番号にトラブルが出ているようですが(^^;)。

と言うことで、面倒くさがりで秘密主義の自分でも対応する気になったので、ほとんどの方は問題なくインストール出来るのではないでしょうか?
大勢の人が使っていないと意味のないアプリなので、せっかくインストールした自分としては、より多くの方が利用されることを願っております。
話のネタになりますので、皆さんもインストールされてみてはいかがでしょうか?(^_-)-☆。

プロフィール

otoya

Author:otoya

最新記事
年別アーカイブ一覧
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR